総合リハビリテーション部理念

今、共生のとき

私たちは、リハビリテーションの概念である全人間的復権の意を尊重し、外傷や疾病を治すだけでなく、心身の障害に対しケアを行い、本人が尊厳ある生活ができるように、家族や職域・地域の人と協力援助し合いながら共に生きていくことを理念とします。

 部内教育活動

(1)部内研修(年4回)
      • FIMを正しくつけるために  実施日:2018/6/25
      • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する理学療法  実施日:2018/9/25
~圧迫骨折に対する理解と応用~
      • 診療報酬について 実施日:2018/12/3
      • リハビリテーション栄養について  実施日:2019/3/22
(2)部内小児神経系勉強会
      • 月二回開催 全19回実施
(3)部内症例発表
      •  実施日:2019/2/18 8演題
(4)専門領域抄読会
      • 4グループ(運動器1・2、中枢神経、小児)に分かれて月2回程度実施

 院外講師を招いての研修会(年1 ~ 2回実施)

テーマ「発達障害児の取り組みの紹介と提案」 実施日:2019/9/14
  大阪発達総合療育センター あさしお園 理学療法士 海瀬一典先生

 新人教育プログラム

(1)部内新人オリエンテーション
①入職時オリエンテーション(各事業概論など)
②医師の診察・手術見学:年複数回実施
③呼吸・吸引研修期間:8月~10月
(2)症例検討会
1年目:各部署にて発表 7名
2~3年目 2年目 9名
      3年目 7名

 学会発表(平成30年から現在まで)

2018年 九州理学療法士・作業療法士合同学会in沖縄 (ポスター)2名
2018年 第7回 日本言語聴覚士協会 九州地区学術集会in沖縄(口述)
     第8回 日本言語聴覚士協会 九州地区学術集会in佐賀 (口述)
2018年 鹿児島県理学療法士学会
2019年 第53回日本作業療法学会(ポスター)
2019年 鹿児島県老人保健施設大会
2019年 第20回 日本言語聴覚学会in大分(口述)
2019年 第30回日本発達心理学会 学科発表
2019年 第18回自閉症スペクトラム学会研究大会

 取得資格 認定

(1)理学療法士
      • 神経系専門理学療法士
      • 神経系障害認定理学療法士
      • 運動器認定理学療法士
      • 地域理学療法認定理学療法士
(2)言語聴覚士
      • 認定言語聴覚士(言語発達障害領域)
(3)臨床心理士
      • 公認心理士

 地域活動

(1)地域リハビリテーション広域支援センター事業
①地域リハビリテーション講演会(年2~3回)
②介護教室(年2~3回)
③子育て教室(年2~3回)
(2)地域連携事業に関わる活動
      • 介護予防対策(転倒予防)
      • 仙腸関節プロジェクト
      • 身体拘束対策
      • 小児支援連携 ( 南薩地域の学校、幼稚園、保育園との連携 )
      • 脳卒中と二次的障害予防
      • 難病・重度障害対策